So-net無料ブログ作成

戦後70年というのもあります。 [読書]

毎年、出来る事なら黙祷をしたい
広島平和記念の日、長崎原爆の日、終戦の日。
いつもはバタバタすることが多いのですが、
今年の8月6日は落ち着いて黙祷できました。

作られた映像などを数多く見ているのと
想像力が豊かな傾向にあるせいか、
悲惨な状況を思うと苦しくなります。
実際は私のちっぽけな想像力では到底追いつかないですけど。

戦争関連は書く人の思想で偏ったものになってしまいます。
敗戦国、戦勝国で言い分も変わってきます。
日本がアメリカと戦争をしていたのを教えてもらってるはずなのに
知らない人も増えてきたとか。

戦争のこと、原爆や空襲のことを語るのはかなり辛いと思うのに
語り継ごうとしてくださる皆さまに感謝したいです。
広島の原爆資料館を訪れたアメリカの青年がニュースに出ていて
「酷いことをした。謝りたい。」こんな考え方をしてくれる
アメリカ人が増えてきているのも心が痛んだ。

現在の若者と戦時中の若者が手紙のやりとりをした本を立ち読み。
一組分を斜め読みしただけで涙が出てきたので、
サラッと読めそうな本に変更です。


誰も戦争を教えられない (講談社+α文庫)

誰も戦争を教えられない (講談社+α文庫)

  • 作者: 古市 憲寿
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: 文庫



彼の発言は色々物議を醸しだすこともありますが、
納得できる部分もあるんですよね。
目次を見る限り戦争と関係あるか?って思ったりもしますが。
ただ、この本を読んでみようと思ったのは

自分の目で真実を知るのはタイムマシンでもなければ無理。

そんな思いが自分の中にあるから。
戦争はダメだ。
でも、まだどこかの国では続いているし
日本にも火の粉が飛んでこないとは言い切れない。

とりあえず、このくらいにしておきます。


明日から1週間、また実家に戻って
事前に住民票を移しておこうと思っていますので
訪問とブログ更新は休みます。

引っ越し日も決定してないけど、
年賀状を送る皆さんへの『引っ越ししました』を作りました。
切手を貼るだけの状態ですけど、
コメントもできるだけ書きたいと思っています。

nice!(13)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

ミニくじ運と呼んでいます。 [読書]

玄関のピンポンが鳴ったので、嫌々出てみました。
飛脚男子(一時期、別の名前で大人気でしたね)がいました。
私宛だったので、とりあえず小さな荷物を受け取った。

何か全く身に覚えがない。

ただ忘れているだけだが。

開けてみた。

DSCN2616.JPG

WOWOWさんからの当選品[本][ぴかぴか(新しい)]

DSCN2617.JPG
サイン入りです~

WOWOWのドラマって見始めたら結構ハマるのです。
『贖罪のソナタ』という作品、面白かったのです。
ドラマだと描き切れない部分があるので原作も読みたかった。
で、同じ主人公の続編もあるのを知っていたので
それも読んでみたかった。

なんか、ポチッと応募ができるのでやってたみたい。
何名に当たるのかも記憶にない[たらーっ(汗)]
こんな私に当選して申し訳ございません・・・。

宝くじはあたりませんが、小さなものは時々当たるという
ミニくじ運の持ち主なわけです。

読みたい本も文庫になってから読むのんびり屋さん。
ハードカバー本の新品読むのって久々だ[るんるん]

ということで、中山七里氏作品がサイドに出てる事もあるかもです。
記念です[黒ハート]

nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

最近買った本 [読書]

こんな本を買ってみました。

SSCN9603.jpg

犬猫大好き、ネコ科動物大好きな私ですが、
実は猛禽類と呼ばれる鳥も大好きなのです。
バタバタ羽ばたかずに空で優雅に舞う姿が気持ち良さそう。
このハンドブック、1,400円もします。
でも、全部写真なのでアリかなと。
店員さんもまさか45歳女がこの本を買うのは以外だったかもです。
いや~、ワシやタカの仲間、カッコイイわ~[黒ハート]

さて、もう1冊はちゃんと知っておきたかった事。
なぜあそこまで反日なのか、どんな教育を受けているのか知りたかった。

ここ数年でやっと、中韓の反日教育の事を取り上げるようになってきた感じ。
実は私も一時期の変なマスコミに騙されて
南京大虐殺や慰安婦問題を信じてしまってました。
日本人は酷いと思っていた事もありました。
なぜ、学校で教えてもらえなかったのか?と。

でも、ある時気付いたんですよね。

この情報は本当に正しいのか

と。
左よりの本、右よりの本、両方読みました。
日本を守る為に闘った方々の事を考えました。
全ての国や人々ではないですけど
原爆や空襲を正当化しているのはちょっと許せなかったりします。

そして、この本を読んでいたら、
そりゃ、反日思想が生まれても仕方ない
そんな気分になりました。

あくまでも、日本に酷い目に遭わされた事を前面に出してます。
日本がアジア諸国を欧米に乗っ取られないように闘った事を知らないで
アジア諸国を占領していったように教わったら、反日になるでしょうね。
日本人も近代史はほぼ教わってないのと同じなので
戦時中の日本はアジア諸国で悪事を重ねてきたと思っている人もいるかもしれない。
恥ずかしながら私もそのひとりでした。

色んな視点からの本を読んで、某国の一方的な言い分を鵜呑みにしない教育、
これからの日本には大切なんじゃないかなと思うのです。

K国の旅客船沈没事故、被害に遭われた方にご冥福をお祈りします。
気になったのは、日本の事じゃないのに連日トップニュース扱い。
ここは日本で、他にも大切なニュースはありますよね?
日本から支援するのをK政府が断ったって話題になりましたね。
反日国家にも支援する日本人でよかった。
何だかんだでこのニュースは耳に入ってきます。
助かる可能性があったたくさんの命が失われた事が悲しいです。

詳細は書きませんけど、K国を完全に否定出来ない訳があります。
だからこの事故はとっても残念なのです。
因みに私は純粋な日本人で、韓流ブームは正直どうでもよかった、
というよりウザいと思ってました[わーい(嬉しい顔)]

これからも、一方的なマスコミに騙されないようにしたいです。

今日、某カフェにいたオジサマ2人、政治経済の話をしていたのですが、
ちょっとだけ一緒にお話しがしたかったです。
きっと話が弾むと思う。



nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。